社会人1年目で行政書士の猛勉強

社会人になってから本格的に行政書士の勉強を開始いたしました。
仕事との両立は大変でしたか、 あと2回しかチャンスはないのでとにかく必死でした。
セミナーで知りあった行政書士のアドバイスを活かしながら勉強法を考えていき、その手始めにまず通信講座を受講することに。はじめは学校に通うことも考えましたが社会人になり忙しくなったので通学するのは困難になりました。

3日ほどインターネットで、大手といわれるところからほとんど名前も聞いたことのないようなところまで検討して、その中で一つだけアドバイス通りの条件が整った フォーサイトという通信講座を見つけました。
はじめは通信講座に対して半信半疑でしたが、意外と良いものでした。
他の通信講座は知りませんが、効率的な勉強法の考え方も丁寧に説明され、覚えやすしテキストや講義が視聴できるように専用に収録してあるDVD・CDが付いていました。
このDVD・CDがあるなら学校に通う必要はないと思えるほど、効果的な勉強ができましたね。

又勉強の仕方も色々工夫を致しました。学生の時のように昼間じっくり勉強できる環境にはないので、通勤時間やお昼休みにはCDを聞いて講義の内容を頭に叩き込みました。
会社の先輩から何に聞いているのと良く聞かれて、堂々と勉強しているといえないので、こっそりしていましたが、昼休みはCDを聞くのが習慣になりました。

一番大変だったのは家での勉強です。まだ新入社員で、家に帰っても仕事で覚えなければいけないことがたくさんあります。
化粧品の成分のことやマーケティング的なことなどこちらの勉強もしなくてはいけません。私は理数系で、成分的なことは大丈夫だろうと思ってはいましたが、ところがどっこいそう簡単にはいきませんでした。ほとんど大学時代に学んだことは通用しませんでした。
さすがに仕事と行政書士の勉強の両立は難しかったので、行政書士は朝早く起きての勉強です。
朝8時に家を出るので、5時には起きて勉強していました。
もちろん疲れていて、どうしても起きれない時は、たまにサボったりもしていましたが試験までの約5ヶ月間はこのような感じの勉強を続けました。

しかし世の中甘くありません。結果は不合格。多少ショックもありましたが自己採点したところ、確か5割強は取れていて、合格圏内のレベルには達してはいました。これは結構な自身になりました。今までの勉強は決して間違っていなかったんだと。
そして来年は仕事にも慣れてきて、今よりも勉強時間を作ることができますから、合格できるという確信をしていました。

→次頁へ
会社員として仕事をしながら私が行政書士に合格できた秘密!